ホーム

DIGIらいふ ~COOLにいこう!~

Oculus Questでのスクリーンショットの撮り方と取り出し方

調べればすぐに出てくるのですが、ひとまず自分用にメモ。

まずQculus Questでのスクリーンショットの撮り方は、ホームからのメニュー「シェア→写真を撮る」を選択すると5秒後にスクリーンショットが撮影されます。タイミングは画面上に赤い点が点滅するのでそれで分かるようになっています。ゲーム中であれば、右手のOculusマークのボタンを押下して出したメニューから選択すると押下直後にゲームに戻ります。ただこの場合も5秒後に撮影されるので、アクションゲームのベストショットなどは難しいかも。。。どうしても撮りたい場合は「録画」で動画を撮影して切り出すと良いかもです。


取り出し方はPCとOculus Questを接続するとエクスプローラー上に「Quest」というドライブが表示されますので、そこから「内部共有ストレージ→Oculus→Screenshots」に移動するとスクリーンショットがあります。

ただし、いきなり「Quest」を開いても空になっており、本体上に許可を求めるダイアログが表示されているので許可ボタンを選択する必要があります。これは毎回なのでかなりめんどくさいです。。。

あと、付属のケーブルはType-CケーブルなのでデスクトップなどType-Cのコネクタが無いようなPCを使用している場合はType-A&Cなケーブルを買っておいた方が良いです。あと許可ダイアログは正面を見る必要があるので長めのケーブルを買っておくと吉です。 自分は1.8mのを買って少し失敗しました。。。



ちなみにスクリーンショットは「1024×1024」サイズの正方形のJPEG形式です。







以上~。

Pocket

Oculus Questを買いました

ケーブルレス6DoF(6自由度)なVRが気になったので、「Oculus Quest」をポチりました。

以下、開梱時の雑感です。

128MBモデルを6/10の夜にOculus公式から注文したら6/11の夕方に到着しました(FedExで香港から発送)。早くてびっくり;;;ちなみに64MBモデルは1週間待ち、専用ケースは3日おきくらいに在庫が入ったり無くなったりな感じでした。




箱のサイズは意外とコンパクト?と思いました。内容は本体とコントローラ、充電器、説明書とお決まりのセットです。ちなみに充電器はType-C/Type-Cなケーブル。充電時間は2時間でプレイ時間は2時間(ゲーム)1とのこと。




あと個人的に気になったのは眼鏡用スペーサーです。仕組みは簡単で、本体と接顔パーツ(クッション)の間に挟むことでメガネ用のスペースを確保するものです。実際に装着してみましたが、たしかに未装着と比べるとゆとりができます。




(※下の写真は左から、Oculus Quest、Oculus Rift、htc VIVEのコントローラー)
コントローラーはOculus Riftと比較すると形状自体は同じくらいですが重量は軽くなっています。ただリングの向きが逆になっているので、「Beat Saber」や「BOXVR」などやっているとたまにHMDにぶつかったりします。。。一部で「改悪だ~」などと言われていますがHMDのコントローラー用のセンサーの関係でこの形状にせざるを得なかったようです。あと重心が悪く、重心に従って持つと前後が逆になるので慣れるのに時間がかかりそうです。



装着は前後にぐいっと伸ばしてはめるタイプです。装着感はベルトの調整がうまくいけばフィット感は良いです(個人差あり)。かぶって電源を入れると設定のチュートリアルが始まります。最初にiPhone/Android用のアプリが必要なので、先にインストールしておきましょう。チュートリアルは日本語でわかりやすいので困ることはないでしょう。慣れてないと間違いなくどこかにぶつけるので、最低限のスペースを確保するのが一番重要だと思いました。。。<早速コントローラーを傷物にした人


以上、開梱時の雑感でした。

  1. 動画再生だけだと3時間くらい []
Pocket

MFT2019落選しました…(つДT)

こっそり?応募していた「Maker Faire Tokyo 2019(MFT2019)」ですが落選しました…(つДT)。メールにはオリンピックで規模縮小とあったので、おのれオリンピックめ…(八つ当たり)。ちなみにTwitterとか眺めていると「物も完成してて動画も写真も送ったのになぜ~?」といったケースも見かけたので選考基準は実際のところ謎ですね。

とはいえUnityの勉強がてら作っているものなので製作は続けていきます。ちなみに何を作っているかはまた後日…。

Pocket

Facebookを退会しました

  • 2019/6/3 月曜日 20:52:02
  • 雑記

唐突ですけど、まあ年に1回しかログインしていなかったので~(^^;

Pocket

Pro Micro互換機に書き込むときにプロセッサの指定を間違えた時の対処方法

  • 2019/4/21 日曜日 21:11:08
  • Arduino

16MHz版Pro Micro互換機にスケッチを書き込むときにプロセッサを「ATmega32U4(5V, 16MHz)」と指定するのを「ATmega32U4(3.3V, 8MHz)」と間違えてして敷いてしまったところ、シリアルポートに認識されなくなって(COMポートに表示されなくなって)しまったときの対処方法をメモ。

以下のサイトを参考にブートローダーの書き換えを試す前に、リセット2回連続で押して8秒間のブートローダーモードの間にArduinoIDEからスケッチの書き込みを試してみると良いです。



以下のSparkFunのページにリセットを2回連続で押すと「書き込まれたスケッチを実行するまでに8秒間待機する」とあります。

[参考ページ]
Pro Micro & Fio V3 Hookup Guide – learn.sparkfun.com


実際に試してみると確かに一瞬だけCOMポートが復活するのでその間に書き込みを実行すると成功し復活します。タイミングがシビアなので何度も試してみるとそのうち成功します。書き込み時間やビルド時間を考慮するとサンプルスケッチの「Blink」あたりで試すと良いです。

Pro Microにはリセットボタンが無いので、リセット(RST)とグランド(GND)をジャンパーワイヤーで接触させるとリセットがかかります。


以上~。

Pocket

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る