ホーム

DIGIらいふ ~COOLにいこう!~

Pro Micro互換機に書き込むときにプロセッサの指定を間違えた時の対処方法

  • 2019/4/21 日曜日 21:11:08
  • Arduino

16MHz版Pro Micro互換機にスケッチを書き込むときにプロセッサを「ATmega32U4(5V, 16MHz)」と指定するのを「ATmega32U4(3.3V, 8MHz)」と間違えてして敷いてしまったところ、シリアルポートに認識されなくなって(COMポートに表示されなくなって)しまったときの対処方法をメモ。

以下のサイトを参考にブートローダーの書き換えを試す前に、リセット2回連続で押して8秒間のブートローダーモードの間にArduinoIDEからスケッチの書き込みを試してみると良いです。



以下のSparkFunのページにリセットを2回連続で押すと「書き込まれたスケッチを実行するまでに8秒間待機する」とあります。

[参考ページ]
Pro Micro & Fio V3 Hookup Guide – learn.sparkfun.com


実際に試してみると確かに一瞬だけCOMポートが復活するのでその間に書き込みを実行すると成功し復活します。タイミングがシビアなので何度も試してみるとそのうち成功します。書き込み時間やビルド時間を考慮するとサンプルスケッチの「Blink」あたりで試すと良いです。

Pro Microにはリセットボタンが無いので、リセット(RST)とグランド(GND)をジャンパーワイヤーで接触させるとリセットがかかります。


以上~。

Pocket

音声操作のタイマーを寝ぼけて消した…

Google Homeを購入以来、よく使っている機能がタイマー&アラーム。iPhoneの画面をぺしぺし叩きながら時間設定するよりも「Ok Google, タイマー1時間」で設定できるのはとても楽だったりします。

んで、いつものように1時間ほど仮眠するのに設定して起きたら2時間ほど経過。「Ok Google, あと何分?」と聞いても設定されていないと言うのでどうやら寝ぼけて消したっぽいです。。。

もう何年も使っている目覚まし時計やiPhoneはよくやる12 のですが、よもや音声操作ですらダメとは、ショック。。。

  1. なのであえて遠くに置いたりしています。。。 []
  2. それでも寝ぼけて消していることもありますが。。。 []
Pocket

Apple Watchが無くて困ったこと

先日Apple Watchが壊れて10日ほど使えなかったのですが、その間に色々と困ったことがあったのでメモ

  • 時間の確認(でも通知に邪魔されたり、すぐに表示が消えるのはいただけません。。。)
  • メールやLINEの通知確認(こっそり確認できるのも良いです)
  • ほぼ毎日、決まった時間に設定しているアラーム(これが一番無くてきつかった。。。)
  • タイマー、よくやるのが電車に乗って到着3分前とかに設定する使い方。(というか乗換アプリから設定できるようにしてほしい。。。)

だいたいこんな感じ。うーん、意外とApple Watchに依存していたんだなぁと思いました。ちなみに買った当初はヘルスケアやアクティビティをまめにチェックしていたのですが、最近はサボり気味だったりします;;

Pocket

Apple Watch(初代)、新品で戻ってきました

Apple Watchが壊れてから10日ほど。ようやく手元に戻ってきました、しかも新品で。


モデル名は「A1553」のまま。残念ながら(?)在庫はまだあったようです。


写真を撮るときにフィルムを剥がしてしまいましたが、到着時には巻かれた状態で、補修品ではなく完全に新品でした。これであと3年は戦える…


なお、2日前にAppleから「製品は受け取ったよ!」というメールを受信し、その3時間後には「直したから送ったよ!」とクロネコヤマトの送り状番号付きのメールがきました(早い。。。)。

やはり第1世代はバッテリー膨張からのディスプレイ脱落では3年保証が効く、という噂は本当だったようです1。調べてみたら発売日は「2015年4月末」でした。まだ買ってから3年かも?という現ユーザーはご参考まで。



  1. 実のところ、1回雨に濡れた時に電源が入らなくなったことがあったのでドキドキしていましたが。。。 []
Pocket

Apple Watch、タダで直りそうです

先日の続報」です。

最初はせっかくだからAppleストア(リアル店舗)のGenius Barに行ってみようと思ったのですが予約が全然取れず、色々と調べてみたら当日行ってもキャンセル待ちの争奪戦とのことだったので断念。。。

そこで「Appleサポート」に電話してみました。根掘り葉掘り状態などをヒアリングされつつ色々待たされつつ10分ほど電話をしたのですが、結論から言うと噂通りバッテリーの膨張が原因であれば無償交換してくれるようですので、さっそく引き取り手配(クロネコヤマト)をしてもらいました。日曜に取りに来るのでまあ来週末ごろに交換品が届くといいなぁ。。。

それで久しぶりにAppleWatch無しで生活しているのですが、ことあるごとに時間確認や通知、タイマー設定など色々と依存していたことに気づかされました。ああ不便不便不便。。。

なお、Appleサポートでのやりとりで気になった点をいくつかメモしておきます。以下、興味のある人はどうぞ。
続きを読む

Pocket

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る