ホーム > デジモノ > レーザーカッター

レーザーカッターのアーカイブ

レーザー加工機用の保護メガネの話

先日購入した「Smart Laser mini」や中華レーザーとか呼ばれていたりするCO2レーザータイプのレーザー加工機はクラス4に分類されており、平たく言えば「危ないから直接見るな、なるべく近づくな」くらいのことが明記されている機械だったりします。

ということで何かあってからでは遅いので、レーザー加工機用の保護メガネについて調べてみました。


レーザー加工機用の保護メガネを選定する時に気にしないといけないのが「その保護メガネが対応している波長」と「OD値」です。

まずレーザー加工機とひとくくりに言っても、レーザーの放出方式1によって分類されており、それぞれの方式によって波長が違ってきます。そのため、一定範囲の波長ごとに保護メガネが用意されています。だいたいは製品に「CO2レーザー用」とか「YAGレーザー用」とか明記されていますので、まずはそれらを基準に選択します。

それでその保護メガネがどれだけ対応する波長を防いでくれるかという指標が「OD値(光学濃度:optical density)」です。これは0から始まり、1上がるごとに小数点以下の桁が増えていきます。これは「こちらのページ」が判りやすいです。


1_S

2_S

で、現在自分が持っている保護メガネが写真のものになります。左の赤色のものがSmart Laser mini(半導体レーザー)に付属してきたもので、右の黄色のものがCO2レーザーのものになります。こっちはそこそこいいお値段2でしたので、ハードケースがついてきました。



と、ここまで「保護メガネは使ったほうがいいよね!」という論調で書いてきましたが、よく見てみると各製品のOD値については第三者機関も関係しておらず、ほぼ自己申告のような状態で販売されているようですので性能については何の保証も無いのがかなり気になります…。購入したものに関しては、レーザー加工中の発行している部分を保護メガネ越しに見るとまったく見えなくなるので、一定の効果はあるようですが…うーん(-ω-)

  1. ガスレーザーや半導体レーザーなどなど []
  2. というかニッチかつ競合も少ないせいか値段が高めです… []
Pocket

Smart Laser Miniを買ってみました(その3)

ということで、本体の方は組み上がったのでPCと接続して実際にレーザーカットできるところまで確認してみました。

1_S

先にざっとまとめると以下のような流れになります。

  1. Arduinoと接続するためのドライバのインストール(初回のみ)
  2. Pythonのインストール(初回のみ)
  3. ACアダプタを接続して電源を入れる
  4. PCとUSBケーブルで接続する
  5. 制御用ソフト「SmartLaser.exe」を起動する
  6. ブラウザ(FirefoxまたはChrome推奨)で「http://127.0.0.1:4444/」にアクセスする
  7. 「移動・JOG」タブでレーザーヘッドが移動するか確認する
  8. 「原点復帰実行」ボタン(画面上部の家マーク)を押下して原点復帰させる(これは毎起動後に必要)
  9. DXFかSVGで作成されたパスデータをロードする
  10. 「レーザー加工」タブで材料に合わせて出力と速度を設定する
  11. 「加工動作開始」ボタンを押下してレーザーカットする
続きを読む

Pocket

Smart Laser Miniを買ってみました(その2)

ということで今回は組み立て編です。

1_S

まず「Smart Laser Mini」はオープンソースであり、組み立て方から制御ソフトのソースコード、回路図まで公開されています。各情報は「こちら」で公開されています。ちなみに今回自分が購入したものは製造番号slm-43以降のものになりますので、右側のリンクになります。

で、組み立ては前述のマニュアルに上から順に従っていけば問題なく組み立てることができます。配線カットもハンダ付けも不要、コネクタ付きの配線などはタグまでついており、さらに結束バンドの取り付け位置まで写真で丁寧に説明されているので悩むことは少ないと思います1

強いて言えば、Tナットのネジ穴部分のバリがアルミフレームの溝に対して大きくて取り付けが渋かったり、マイコン取り付け用のプラネジの頭が一部干渉したり、と軽くハマることはありました。が、些細な問題でしょう(ちなみに前者はTナットを裏返し&ワッシャを省いて対応、後者はプラネジの頭を一部カットして対応)。あとはX軸モジュールとY軸モジュールを組合わせるときに位置調整のために何回か脱着しないといけなかったのが手間だったくらいでしょうか。

RepRapの組み立てなどこの手の作業に慣れている方であればだいたい半日もあれば動作確認までいけると思います。ちなみに自分は組み立てだけで6時間くらいでした。


8_S

組み立て終わったときの感想は「シンプルながら良くできているなぁ」でした。低価格、低出力と割り切った製品だからというのもあるのでしょう。あとマニュアルもかなり丁寧なので色々と勉強になりました。

ただ、公式サイトも含めて掲示板などのコミュニティが無いので、些細なことを知りたい時も気軽に聞ける&情報が蓄積されている場所がないというのがちょっともったいないかなと思いました。


ちなみに今回の組み立ては最近お世話になっている秋葉原の「ナノラボ」さんに場所をお借りして組み立てました。こちらは時間貸しで作業スペース&工具類(しかもドリンクバー付き)を提供してくれるお店です。しかも今年になって千石や秋月の近くに引っ越しをしたので、より寄りやすくなりました(ちょっとだけ宣伝)。


次回は実際にカットする話などを書く予定です。


以降は、作業中の写真を何枚かあげておきます。
続きを読む

  1. さすが国産… []
Pocket

Smart Laser Miniを買ってみました(その1)

ひさしぶりに「ついカッとなって」デジモノ(?)を購入しましたのでブログにまとめておきます。(…と言っても実は購入したのはだいたい1ヶ月くらい前だったりしますが;;)

購入したのは「Smart Laser Mini」というレーザーカッターです。この製品の特徴は「49,800円(税抜き)」という低価格であることと、「組み立て式」であるということが挙げられます。あとは購入先が国内のネットショップですので購入しやすかったりもします。

続きを読む

Pocket

ホーム > デジモノ > レーザーカッター

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る