ホーム > Apple > AppleWatch

AppleWatchのアーカイブ

Siriさんの使いどころ?(アラーム設定)

iOSのウリの一つに音声認識の「Siriさん」がいます。自分は出始めた頃に試したところ、勝手に電話をかけはじめようとしたので「何しでかすかわからない危ないもの」と認識し、それ以来まったく使わなくなりました(苦笑)。

ただ、最近になってApple Watchでアラームのタイトルを音声入力1してみたら意外と認識率が高かったので、ちょっと見なおして使ってみることにしました。

で、今のところ使い勝手がいいなぁと思ったのが「アラーム設定」です。たとえば「11時にアラームを設定」と言うとアラームを設定してくれます。で、これで面白い2のが午後だと「23時」のアラームを設定してくれるところです。ちなみにこの動きがイヤなら「午前」「午後」を前に付けると良いです。

気のきいた設定方法では「5分後にアラームを設定」とか「1時間後にアラームを設定」と言うと現在時刻に加算した時間で設定してくれます。個人的にはこちらを重宝しています。

ちなみにアラームが重複している場合はすでに設定されている項目をONにしてくれます。

あとは単に「アラーム」と言うとアラームの一覧画面を表示してくれます。ご参考まで。


ということで、最近ではネタキャラになりつつあるSiriさんですが、まじめに付き合ってみると案外良い奴かも?と思い始めてきました(笑)。また何か良い使い勝手が見つかったらエントリします。(※まあ探せばどこかにまとまってるかもしれませんが、とりあえず思いつくままいってみようかと…)

  1. Apple Watchは仮想キーボドすらないので、文字入力は音声入力のみとなっています。 []
  2. 人によっては不便と感じる? []
Pocket

物好きではない方へ?(Apple Watchに関して)

Apple Watchを買ってから2週間ほと経ちましたので、色々と思うことを書こうと思ったのですが、ギズモードさんの「こちら」の記事がかなり近かったのでリンクだけ貼ってお茶を濁しておきます…(なげやり)。

ただ、カジュアルなダイエット用のツールとしてはまあまあ使えるのではないかと思っています。このあたりはダイエットがうまくいったらまとめます(ぉ。

Pocket

Watch OS 1.0.1にアップデートしました

2015-05-20 12.16.27

Apple Watchの初のアップデートとなる「1.0.1」が来てました。

公式サイトを確認すると、パフォーマンス向上とバグ修正が主な変更点とのこと。あと言語がいくつか追加されるようですね。最近、アクティビティやワークアウトを使い始めているので何が変更されたのか、気になるところ。

アップデートの手順は「GIGAZINEさん」で詳しく紹介されておりますので、そちらを見てみると良いです(手抜き)。


ということでさっそくアップデートしてみました。

スクリーンショットにもあるとおり、アップデートは充電中であることが条件ですので、充電ケーブルに接続(?)して「ダウンロードとインストール」をポチっと。


2015-05-20 14.56.56

…が、「Apple Watchにダウンロード中…」からなかなか進まず。いろいろ調べてみたところ、さらに条件として「iPhoneがWiFi接続中」というのもあるようです。仕方がないので外で試すのは諦めて帰宅後に試してみました。


するとあっさり先に進み、数十分かけてアップデートが完了しました(けっこう遅いです)。というか、WiFi接続が必要とうのもちゃんと書いておいて下さい…。


2015-05-20 22.06.58

ということで、無事にアップデートが完了しました。基本的に今回はバグフィックスが多めということで、何か気がついたらエントリします…。

Pocket

Apple Watchの貸し借りは簡単

先日、Apple Watchを使用してみたいという方がいたのでその場のノリと勢いで週末の間だけ貸してみました。思いのほかあっさりと貸し借りができたのでメモしておきます。


2015-05-20 23.12.01

貸す時は、Apple Watchの「設定」アプリから「一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去」を選択するだけで、ペアリングの解除と端末の初期化ができます。その場で、リセットして充電器と一緒に渡すだけで貸せるのがまさに端末という感じですね。


2015-05-26 23.42.47

※2015/05/26追記:ペアリングの解除はApple Watchからだけでなく、「Apple Watchアプリ」の「Apple Watch→Apple Watchのペアリングを解除」からでもできます。あとペアリング時に同じくバックアップも取ってくれます。



2015-05-18 10.14.22

それでApple Watchが戻ってきたときは上記の通りリセットし、専用アプリから再度ペアリングすると「バックアップから復元」という項目が出てきます。対象が複数個あれば戻したいものを選択すれば貸す直前の状態に戻ります。これも手軽でいいです。1


ちなみに貸している間は「Pebbleくん」を使用していたのですが、「やはり時計が常時表示されているのは良い」とか「アクティビティって気にしだすと、無いとさびしい」とかいろいろと思うことが出てきたり。

Apple Watchを購入したけど「うーん」となっている方は、人に貸してちょっと距離をおいてみるというのもいかがでしょうか?(笑)

  1. ちなみにバックアップのタイミングは判りませんが、ペアリングを解除したときにバックアップを取っているようにみえます。 []
Pocket

通信機能付きの体重計「Withings WS-50」を買ってみました

きっかけは、先日購入した「Apple Watch」と連動している「iOSのヘルスケア機能」が気になり、いろいろ調べていたところ「Withings WS-50」という通信機能付きの体重計が対応したという情報を見つけたので買ってみました。1

1_S

「Withings WS-50」を簡単に説明しますと、「体重」「体脂肪率」「心拍数」「室温&二酸化炭素濃度」が計測できる体重計で、最大の特徴は「WiFi」と「Bluetooth」による通信機能を持っており、乗るだけでデータが専用サイトやスマートフォンに転送されてデータのロギングが可能であるという点です。最初に設定さえしてしまえば、あとは毎日乗るだけで記録できてしまいます。この専用サイトは無料で使用できるというのもポイントが高いです。

ちなみにログデータは専用サイトだけではなく、専用アプリからも閲覧することが可能です。

この製品はしばらく前から販売されており、レビューも充実してますので細かいことが気になった方は「ここ」とか「ここ」とか「ここ」などを見てみてください(なげやり)。

ちなみに自分はAmazonで購入しました。お値段はだいたい「19000円」くらいです。



2_S

Withingsはフランスの会社らしいのですが、製品のターゲットとしてこのあたりも狙っているらしく、日本語マニュアルがついてきました。前述の専用アプリも日本語化されていますのでセットアップで悩むことはありませんでした。


3_S

型番にも「Asia」の文字が。


4_S

専用アプリの設定を見てみると「ジャパニーズモード」という設定までありました。具体的に何が起きるかはわかりませんがとりあえずONにしておきました。各値の平均値などが日本人向けになったりするのでしょうか??

5_S

さっそく、一通り設定して2乗ってみましたが、心拍数の計測まで行うと時間はかかります(1分くらい?)が、ボタンの押下などのアクション無しで自動的に値が記録されていくのは、ずぼらな自分にとってはかなりイイですね。デジタル家電はこうであるべきだと素直に思いました。

ちなみに計測したデータに関して、あれこれダイエット指導をしてくれるわけではありませんので、ダイエット的にはいわゆるレコーディングダイエットの類になります。とはいえ、何もしないよりは良いとは思いますので、しばらくiOSのヘルスケア機能と一緒に使って行ってみます3

  1. 実のところ、製品自体はしばらく前から知っていましたが、今ひとつ押しが弱かったので買わずにいました… []
  2. そういえば、買う前にWiFiのパスワードなんかはどうすればいいのだろう?と思っていたのですが、最近はBluetooth接続したiPhone側でWiFi設定を対象のデバイスに反映させる、といった許可を出すことが出来るんですね…これにはかなり衝撃でした。 []
  3. 要するに最近太ってきた(ぁ []
Pocket

ホーム > Apple > AppleWatch

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る