ホーム > Apple | Bluetooth > Apple Wireless KeyboardとWindows環境のその後

Apple Wireless KeyboardとWindows環境のその後

色々と調子が悪かったApple Wireless KeyboardとWindows環境(&窓使いの憂鬱)ですが、先日のOS再インストールのあとは全然問題が出なくなりました。

ちなみにBluetoothのUSBドングルは「SBTD01」、ドライバは「WIDCOMM Bluetooth Software v5.5.0.7400」を使用しています。この組み合わせだと、BTキーボードとのペアリング時の問題も解消され、レジストリをいじらなくても普通にペアリング可能になります。高確率で暴走していた窓使いの憂鬱も素直に動作しています。

…根拠は無いですがなんとなくCドライブの空き容量が200MBを切っていたのが悪かったのかなぁと思ったり。まあいづれにせよ、素直に動作しているので良しとします(^^;

Pocket

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://digilife.bz/blog/wp-trackback.php?p=3166
トラックバックの送信元リスト
Apple Wireless KeyboardとWindows環境のその後 - DIGIらいふ ~COOLにいこう!~ より

ホーム > Apple | Bluetooth > Apple Wireless KeyboardとWindows環境のその後

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る