ホーム > アノトペン | デジモノ | 周辺機器 | 書籍紹介 | 買い物 | 雑記 | 頂き物 > X17シリーズ「バラクロン」(A6サイズ)を試用してみました

X17シリーズ「バラクロン」(A6サイズ)を試用してみました


久しぶりにアナログなアイテムのネタです(笑)。色々あって「X17」というシステム手帳を試用する機会がありましたのでメモがてら感想を…。

(写真多めなのでたたみます)

X17はカバーが数種類あり、今回は「バラクロン」というタイプのA6サイズを試用しました。ちなみにドイツ生まれで、かなり前にこのブログでも少しだけ触れたことがある「X47」の姉妹品です。


X17の面白いところは通常のシステム手帳と違い、リフィルを留めるのに金属リングを使わずにゴムバンド1を使用しているところですね。こうすることによって同じページ数の金属リング式のものと比べると厚みが全然薄くなります。ただリフィル自体はどうしてもまとまったページ単位になってしまうので、一枚単位のリフィルを使用するといった小回りが利かなくなるのがデメリットでしょうか。とはいえ工夫すればゴムバンドで他のリフィルと一緒に挟んでしまうという荒業もやれないことはありませんが(笑)


全て分解するとこんな感じです。カバーとリフィル、あとはゴムバンドとシンプルな構成になっています。あとゴムバンドの一本に別のゴムバンドが巻きついていますが、これは持ち運ぶときにカバーを留めるためのものです。なかなか合理的だと思います(笑。ただ、リフィルを留めるときに失敗2するとリフィルの上下に皺ができてしまうのがちょっと痛いです;;3


カバーはなかなか頑丈なので写真のように裏返して使用すれば下敷き代わりになりますので立ちながらメモをとることも可能です。デザインはシンプルでそっけないのですが、個人的にはそっちのほうが気軽に使えるのでいいです。ただ、ペンを一緒に持ち運びづらいので何か考えないといけませんね4


リフィルの中央はゴムバンドを通すための溝があり、しっかり固定できるようになっています。あと各ページにはミシン目が入っているので簡単に切り取ることもできます(一部訂正:現在国内で出回っているX17の無地リフィルに一部ミシン目の入っていないものがあるらしいのでご注意ください)。紙質は薄手ながらしっかりした感じです。


リフィルは今回、「無地」「罫線」「方眼」とスタンダードなものを使用しましたがX17のサイトを見ますと現在はスケジュール帳やアドレス帳など13種類のリフィル5を販売しているようです。スケジュール帳なんかは週単位や日単位など数種類用意されているので使い分けができそうですね。しかもリング式のバラになっているリフィルと違い、それぞれが冊子でまとまっていますので使用済みリフィルの保管も楽そうです。

なおX17は「A5」「A6」「A7」の3種類がサイズがありますが、サイズによっては対応していないリフィルもありますので注意が必要です。


と、以上がX17をしばらく使用した感想です。やはり一番の特徴であるゴムバンドで留める方法は手帳のコンパクトさに貢献していると思いますね。あとは一般的なリング式と比べるとリングによる突起がないので、手帳の中央側への筆記がかなり楽です。リフィルを色々と組み合わせて使えるというのもギミック好きな自分にはツボでした(笑)。

ただ、こういった専用品ですと入手性に難があるというデメリットもあったりします;;X17はこれから日本市場に参入するとのことですのでがんばって欲しいですね(現在の取扱店一覧はこちら)。

ということで興味のある方はもし店頭で見かけましたら一度手にとってみてください(^^)/

  1. 前述のX47ではここが金属式になっています。 []
  2. ゴムバンドを大きく開くといいです。 []
  3. おそらくこの欠点を克服したのがX47なのかと… []
  4. 一応ゴムバンドに挟んでおくことはできますが、少々心元ないので…;; []
  5. 中には楽譜用の五線紙なんてものもあります。 []
Pocket

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://digilife.bz/blog/wp-trackback.php?p=3984
トラックバックの送信元リスト
X17シリーズ「バラクロン」(A6サイズ)を試用してみました - DIGIらいふ ~COOLにいこう!~ より

ホーム > アノトペン | デジモノ | 周辺機器 | 書籍紹介 | 買い物 | 雑記 | 頂き物 > X17シリーズ「バラクロン」(A6サイズ)を試用してみました

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る