ホーム > PCパーツ | アプリ紹介(PC関係) | デジモノ | 買い物 > メインPCのCドライブ(SSD)を80GBから120GBに交換しました

メインPCのCドライブ(SSD)を80GBから120GBに交換しました

Windows 7(64bit)なメインPCのCドライブは80GBのSSDを使っていますがさすがに容量が足りなくなってきました;;一時は残量が300MBを切る状況(てか一瞬0MBとか表示された…)になってしまったのであわてて120GBのSSDを購入して交換しましたのでメモです。


購入したのはIntel製「SSDSA2MH120G2K5」。中にはマウンタとS-ATAケーブルと電源ケーブルが入っていました。これは以前購入した同じくIntel製の「SSDSA2MH080G2C1」の後継ですね。他にも安いのはあったのですが今回は某氏の勧めもあってやっぱりIntel製に(笑)。


交換手順は「EASEUS Disk Copy」で80GBから120GBに丸ごとコピーしてから、「EASEUS Partition Master」で空いてる40GBをCドライブに統合するといった感じです。ちなみにこれらのソフトはフリーなんですよね…いい時代になりました(-人-)アリガタヤアリガタヤ
(※注:2017/08/09にリンク先を修正)


両方ともまとめ情報はたくさん出てますので、簡単に使い方をまとめておきます。

「ASEUS Disk Copy」はダウンロードしたイメージをCD-Rに焼き、CDブートして使用します。最初に「丸ごとコピーする」か「パーティション単位でコピーする」か聞いてくるので前者を選択します。あとはソースドライブとターゲットドライブを決めてはいはい答えてれば完了します。コピー時間はSSDなら4GB/分くらいのようです。

「EASEUS Partition Master」はOS起動後にインストールして使用します。こちらも操作は簡単で、起動するとディスクの管理画面のようなバーが出てきますので、マウスドラッグや数値入力で領域のりサイズを行った後、「Apply(確定)」を実行すれば数回の再起動のあとに容量の変更が完了します。


最近はネットアクティベーションなソフトも多く、中にはハード構成も送信しているケースがあります。ドライブの置き換えをすると使用できなくなるものが出てくるかと心配していましたが今のところはまあ大丈夫なようです(^^;。



最後に余談ですが、SSDを買ったら「4GBのUSBメモリ」と「SSD型メモ帳」をおまけでもらいました。メモ帳はこちらで紹介されているもので、なかなかマニアックな一品です(笑)

Pocket

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://digilife.bz/blog/wp-trackback.php?p=4337
トラックバックの送信元リスト
メインPCのCドライブ(SSD)を80GBから120GBに交換しました - DIGIらいふ ~COOLにいこう!~ より

ホーム > PCパーツ | アプリ紹介(PC関係) | デジモノ | 買い物 > メインPCのCドライブ(SSD)を80GBから120GBに交換しました

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る