ホーム > DPVR | ブレイクエイジ | 雑記 > 星と翼のパラドクスをプレイしてみました

星と翼のパラドクスをプレイしてみました

ブレイクエイジみを感じたくなって「星と翼のパラドクス」を3ゲームほど遊んでみました。

とりあえず初回プレイはチュートリアル(100円)で、座席が初めて動くのはロボットがハンガーアウトするときで、ガコンッと前のめりになった時はちょっと顔がニヤけました(笑)。ただプレイ中はそんなに激しく動かず、主に左右移動時にロールするくらいで逆に酔いそうになりました;;すぐに慣れたのですが、もっとリニアに反応して激しく動いてもいいのにと思いました。。。<メンテとか安全基準的に無理なんでしょうけど。

あとチュートリアルのナビゲーターの女の子ですが、元気系痛キャラだったのでもう少し控えめでお願いします。一応本編で他のキャラを選ぶことはできますが、あれで逃げてくユーザーもいるんじゃないかなぁ、と。。。

あとは「NESiCAカード」(300円)を購入して本編を3回ほどプレイ(1回300円)。ネット対戦をやる勇気がなかったので全部練習モードでしたが。

操作方法は「公式のプレイングマニュアルの中ほど」に。左右のアナログスティック(平行移動と旋回)とフットペダルが2つ(ダッシュとジャンプ)とこの手のゲームが好きな人には馴染みやすい構成。この筐体で色々ゲーム出してくれても面白そうです。

で、継続してやるかと言われると、強化パーツなどがプレイ後にプレゼントのスタイルで1プレイ300円となるとなかなかやりこむ元気が出ません。。。うーん。。。ただブレイクエイジっぽさを感じたくなったら、練習用筐体をイメージして試しにやってみるのも良いかと思います(笑)

Pocket

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://digilife.bz/blog/wp-trackback.php?p=4982
トラックバックの送信元リスト
星と翼のパラドクスをプレイしてみました - DIGIらいふ ~COOLにいこう!~ より

ホーム > DPVR | ブレイクエイジ | 雑記 > 星と翼のパラドクスをプレイしてみました

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る