M-FEP60とは

M-FEP60はS60 3rdデバイス用日本語FEPです。デフォルトはQWERTYモデルとなっていますが、設定を変える事によって10キーモデルでも使用することが出来ます。現在対象としている端末は「E61(E62?)」と「E70」および「その他の10キーモデル(N80で動作確認済み)」です。

対応端末

  • 全てのNokia S60 3rd端末(10キー、フルキーモデル問わず)
    • 英語キーボードのみ
    • ※E61は要ファームVer2.0以降(Ver3.0でも正常動作を確認))ファームVer1.0ではキー配置が変則的な為に中央付近のキーを押すと数が入力されます。Ver2.0以降ではこのキー配置が改善されているのでM-FEP60ではVer2.0以降のみ対応とします。

ダウンロード

【重要】ダウンロード前に必ずお読み下さい

ダウンロード前には必ず「当サイトで公開しているソフトウェアの利用規約」をお読み下さい。

本体ファイル

※M-FEP60を使用するにはM-FEP60Setupもインストールする必要があります。
※ベータ版をご利用の方は最新版のM-FEP60Setupも一緒に再インストールしてください。更新しないと右ソフトキーによるFEP切り替えが機能しません。

forSymbianOS_logo_150.jpg

このアプリケーションは「ドネーションウェア」です。利用に際しては使用料などは発生しませんが、もし気に入って頂けましたらドネーション(寄付)をお願いします。

本体ファイル(Limited Edition)

M-FEP60 Limited EditionはNokia以外のS60 3rd端末でインストールできない場合のみお使いください。ただしこちらはケイパビリティが13個の機能限定版となります。一部のアプリケーション上(SMS以外のデフォルトアプリケーションやMIDPアプリケーション等)ではM-FEP60 Limited Editionは起動しませんので予めご了承下さい。(FEPとしての機能の違いはありません)

ヒント:サードパーティ製アプリケーション上では機能することが多いのでいわゆる置き換えアプリケーションなどで対応してください。
M-FEP60 Limited Editionを使用するにはM-FEP60Setup Ver 1.1.0をインストールする必要があります。(Ver 1.0.0では右ソフトキーによるFEP切り替えが無効になります、Select FEPによる切り替えは可能です)
M-FEP60に対してVer1.1.0をインストールしても問題なく動作しますが、特に意味はありません。
Nokia製S60 3rd端末にもインストールできますが、M-FEP60がインストールされているとM-FEP60 Limited Editionはインストールできません。(逆も同じ)
M-FEP60Setupをインストールするときに表示されるバージョンが古いままですがただのミスです。

このアプリケーションは「ドネーションウェア」です。利用に際しては使用料などは発生しませんが、もし気に入って頂けましたらドネーション(寄付)をお願いします。

辞書ファイル

※この辞書ファイルはSKKの辞書を改変したもので、そのライセンスはGPLに基づいています。
※インストール先は「C:/Data/Others/MFepDic/」になります。(Cドライブ限定)

名前更新日
M-FEP60Dic(Signed) Ver 1.0.0(4.6M)08/10/12

ソースコード

サポートツール

M-FEP60Switcherは標準FEPとM-FEP60を好きなタイミングで切り替える為のアプリケーションです。アプリケーションを起動している間は「Shift+センターキー」でFEPを切り替えることができます。切替キーにShiftを使用しているので対応デバイスはQWERTYキーを搭載したモデルに限定します。なおケイパビリティ上の問題でM-FEP60を実行できないアプリケーションでは切り替えることができないので注意して下さい。 ※使用時には開発者証明書を付与して下さい(13個全部)

※最新版との相性が悪いので一時的に公開を中止します。

メイン更新日
M-FEP60Switcher Ver 1.0.1(NonSigned)07/11/02

履歴

M-FEP60

  • Ver 1.0.0(08/11/04)
    • Symbian Signed取得
  • Ver 0.7.6(08/01/04):詳細はこちら
    • 辞書を置くドライブをCドライブに固定
    • ソースコードの整理(リーブ、関数命名則等々)
  • Ver 0.7.5(07/11/30):詳細はこちら
    • ※必ず以前のバージョンのM-FEP60をアンインストールしてからインストールして下さい
    • ※M-FEP60Setup Ver1.0.4とセットで使用してください
    • UID3を変更
    • 再起動の警告文を一部変更
    • 変換候補の先頭にスラッシュがないと落ちる不具合の修正
  • Ver 0.7.4(07/11/06):詳細はこちら
    • ※設定値が初期化されます
    • 時刻表示機能の追加
    • 記号ウィンドウの追加
    • 子音の後に一部の記号(句読点と長音記号)を入力すると子音が消える不具合の修正。(ex:「k」→「kー」→「ー」)
    • 辞書内で「スラッシュ」「セミコロン」「円記号」を使用できるように修正
  • Ver 0.7.3(07/11/02):詳細はこちら
    • ※設定値が初期化されます
    • ショートカット「8」「Space」に全角スペース入力を割り当て
    • 入力中の効果を「下線(Underline)」と「塗りつぶし(Fill)」から選択できるように機能追加
    • 設定ダイアログのボタン操作を変更
    • DefaultMode(NoConv/Kanji)の設定を削除
    • 変換候補のデフォルト設定から「半角カナ」を削除
    • 10キーモードで「##」と入力すると「#」が入力できるように修正
    • インストール時に警告文を日/英で表示するように変更
  • Ver 0.7.1(07/09/10):詳細はこちら
    • E90/E70用開閉イベント監視ルーチンの変更(これによってM-FEP起動中に表示されていたいくつかのタスクが表示されなくなります)
    • バックアップ&レストアに対応(未チェック)
    • 設定ダイアログに初期化用設定を追加
    • 設定ダイアログに表示しているメアドおよびURLを変更
  • Ver 0.7.0(07/03/11):詳細はこちら
    • 漢字変換中のハイライトとテキストカラーを変更できるように機能追加
    • フリップの開閉イベントを「Auto」と「AutoRev」の時のみ監視するように修正(10KeyまたはFullKeyとAutoまたはAutoRevで切り替えた時に再起動を促すメッセージが出ます)
    • 設定ダイアログにヘルプタブを追加
    • 使用不可時のアイコンでも修飾キーの状態を確認できるように修正
    • インストール時に再起動を促すメッセージを追加
  • Ver 0.5.6(07/02/11):詳細はこちら
    • 設定ダイアログの項目名を英語化(暫定)
    • 「センターキーをEnter」の設定を削除
    • 10キーモード時のカーソル上下のスペースと改行を廃止
    • ショートカット7に「スペース」を割り当て
  • Ver 0.5.5(07/01/31:公開終了):詳細はこちら
    • 10キーモードを追加
    • BSで必ず1文字ずつ削除できるように修正
    • 0KBのファイル(ML辞書の「ぢ」)を開いた時の処理を修正
    • 設定ダイアログに下記項目を追加
      • 入力タイプ(10キー/フルキー)
      • 10キー時のセンターキーの扱い(仮確定/全確定)
      • 10キー時、未入力時のセンターキーをEnterとする(On/Off)
      • アイコンのX座標
      • アイコンを常に表示する(On/Off)
      • 入力モードのキーコード指定(BTキーボード用)
      • ショートカットのキーコード指定(BTキーボード用)
    • 設定値をテキストファイルからストアに変更
  • Ver 0.5.2(06/12/28:公開終了):詳細はこちら
    • センターキー実装(全確定)
    • ショートカットを「青キー+Space」に変更
    • ペースト機能実装(vキー)
    • Stowaway Bluetooth Keyboardに暫定的に対応。入力モードとショートカットモードの切り替えは下記の通り
      • Shift+Spaceまたは青Fn+z:入力モード切替
      • Alt+Spaceまたは青Fn+x:ショートカットモード起動
    • キーイベント処理をFEPフレームワーク用に修正
    • アイコンを常に手前に表示するように修正(暫定)
  • Ver 0.5.1(06/12/28:公開終了):詳細はこちら
    • 設定ダイアログを追加。
    • M-FEP60SetupがS60のスキン表示に対応。
    • M-FEP60Setupがアイコン表示に対応。
  • Ver 0.5.0(06/12/03:公開終了):詳細はこちら
    • バージョン管理開始

M-FEP60Setup

  • Ver 1.1.0(08/11/08)
    • M-FEP60 Limited Editionに対応
  • Ver 1.0.0(08/11/04)
    • Signed取得(Express Signed)
  • Ver 1.0.0(1.0.4)
    • ※必ず以前のバージョンのM-FEP60Setupをアンインストールしてからインストールして下さい
    • SISはS60 SDK MRでコンパイル(PCエミュレートはFP1)。それに伴い、E61やE70でもアイコンが表示可能になった
    • アイコンから「Beta」の文字を外した
    • UID3を変更(指定するM-FEP60のUID3も変更<右ソフトキー(CngFEP)はM-FEP60 Ver0.7.5以降で有効)
    • 一部エラーの処理とエラーメッセージを修正
  • Ver 1.0.0(1.0.3)
    • テスト提出の為にバージョンの表示を「1.0.0」に戻した
    • アイコンを変更
    • 標準FEPから記号を入力すると落ちる不具合の修正
    • ケイパビリティを最小構成に変更
    • Freeware用のテキスト(日英)をインストール時に表示するようにした
  • Ver 1.0.2(07/05/21)
    • FEP切替をリスト方式に変更
    • テキストエディタ機能を追加
    • 右ソフトキーでFEPを切り替えれるように変更
  • Ver 1.0.1(06/12/28)
    • M-FEP60 Ver0.5.1以降のダイアログに対応
    • 背景が白くなるのを修正
    • アイコンを表示させるように修正
  • Ver 1.0.0(06/12/03)
    • バージョン管理開始

M-FEP60Dic

  • Ver1.0.0(08/10/12)
    • Signed取得(Express Signed)
    • MLサイズの廃止
  • Ver1.4.1(Lサイズのみ)
    • 「かお」に追加した顔文字のいくつかが正常に表示されない不具合の修正
  • Ver1.4.0(Lサイズのみ)
    • 「かお」に顔文字を若干追加
    • 「(○)」をいくつか追加。(「ばく」「にがわらい」)
  • Ver1.3.0
    • SIS化
    • インストール先をCドライブに限定
    • バックアップ&レストアに対応
    • 「かお」「わらい」「なき」「くしょう」「がく」「ちゃぶだい」に顔文字を追加
  • Ver1.2.0
    • eSKK入力の「っ(Xtu)」に対応
  • Ver1.1.0
  • Ver1.0.0
    • バージョン管理開始

M-FEP60Switcher

  • Ver 1.0.1(07/11/02)
    • アイコンを変更
    • ソフトキーの割り振りをExitのみに変更
  • Ver 1.0.0(07/07/25)
    • バージョン管理開始

インストール方法

  1. 以前のバージョンをインストールしている方は、M-FEP60とM-FEP60Setupをアンインストールして下さい。M-FEP60をアンインストールする時は必ず「MFep60Setup」でM-FEP60を解除してからアンインストールして下さい。
  2. 新しいバージョンのM-FEP60とM-FEP60Setupをインストールして下さい。
  3. 好みのサイズのM-FEP用辞書をインストールして下さい。
  4. (バージョンアップした後は)デバイスを再起動して下さい。再起動せずにM-FEPを選択すると挙動がおかしくなることがあります。
  5. 起動後に「MFep60Setup」を起動し、「Options」→「Select FEP」から「M-FEP60」を選択するとM-FEPが使用可能になります。標準FEPに戻したいときは「Select FEP」から「AknFEP」を選択して下さい。
  6. MFep60Setupのメニュー
    1. Select FEP:デバイス上で使用可能なFEPの一覧が表示されます。
    2. MFep60 Setting:M-FEP60の設定ダイアログが表示されます。
    3. About:MFep60Setupのバージョンが確認できます。
    4. Exit:MFep60Setupを終了します。(MFep60は終了されません)
  7. 右ソフトキー「Chg」を押すとM-FEP60と標準FEPが交互に切り替わります

アンインストール方法

  1. 「MFep60Setup→Options→Switch FEP」で「M-FEP60」をデフォルトのFEPに切り替える。
  2. M-FEP60とM-FEP60Setupをアンインストールする。
  3. 辞書ファイルをアンインストールする。

使用方法

共通

  • 辞書ファイルが実機上に存在しないと漢字変換時の候補に漢字が表示されません。
  • 辞書ファイルの保存場所は「C:/Data/Others/MFepDic/」です。ただしデバイス標準のファイルマネージャやBluetooth経由のFileTransferでは「C:/Media Files」が「C:/」として扱われることがあるので注意。
  • アプリケーションランチャから「MFep60Setup」を実行し、「Options」→「MFep60 Settings」で、設定ダイアログが表示されます。
    • Config:
      • InputType(10Key/FullKey(*)/Auto/Auto Rev):10キーモードかフルキーモードが選べます。フルキーモデルでも10キーモードで使用できますが動作は保証しません。自動切換えはE70用の項目です。自動切替(逆)は自動切替でキーモードが逆になってしまうモデル用の設定です(将来の為の互換)。
      • CenterKeyMode(10Key)(TmpDecision(*)/FullDecision):10キーモードでひらがな入力中のセンターキー(ジョグプッシュ)の機能を設定します。 TmpDecisionで仮確定、FullDecisionで確定状態になります。
      • IconPos_X(158):アイコンの左右の位置を指定できます。
      • Icon always disp:動画再生中などアイコンが邪魔な場合に外して下さい。
      • InputMode(BT-KB)(63488):Bluetoothキーボード使用時に入力モード切替キーとして使用するキーコードを指定して下さい。デフォルトはStowawayの青Fn+Zです。
      • Shortcut(BT-KB)(63509):Bluetoothキーボード使用時にショートカットモード切替キーとして使用するキーコードを指定して下さい。デフォルトはStowawayの青Fn+Xです。
      • TextColor(Changing)(Black/White(*)):漢字変換時のテキストカラー
      • HightliteColor(Changing)(Black/Read/Green/Blue/Magenta/Yellow/Cyan(*)/White):漢字変換時のハイライトカラー
      • ChangingEffect(Underline(*)/Fill):文字入力中の表示効果
      • SymbolWinType(QWERTY(*)/QWERTZ/AZERTY/Don't use):記号ウィンドウのキーパターンが設定できます。
      • ClockType(None(*)/ClockOnly/Full):時計表示機能の設定です。ClockOnlyで「時刻表示のみ」、Fullで「日時+時刻」が表示できます。
      • Set Default:(None(*)/Set Default):「Set Default」を選択してからダイアログを保存終了すると設定値を初期値に戻します。
    • SubConv:サブ変換として使用する候補を選択できます。
    • Help:ヘルプを表示します。各キー操作についての動作が確認できます。
    • Version:バージョンが確認できます。

フルキーデバイスの場合

  • 入力モードの初期状態は「A」(半角英字)です。「Shift+Space」で入力モードが切り替えできます。入力モードは「半角英字」と「漢字」が交互に切り替わります。
  • 「青キー+Space(青キー+Shift)」または「Chr+Space(E70のみ)」を押すとアイコンが紫色になり、ショートカットモードに入ります。その後、適当なキーを押すと以下のような動作をします。
    • A,1:全選択
    • S,2:全選択後カット
    • D,3:先頭から255文字をカット
    • C,4:コピー
    • X,5:カット
    • V,6:ペースト
    • 7:スペース
    • 8,Space:全角スペース
    • 9:改行
    • K:記号ウィンドウの表示/非表示
      • 記号ウィンドウ表示中は各キーボードのキーを入力すると対応する記号が入力されます。
      • 記号ウィンドウ表示中はカーソルキーの上下を入力するとウィンドウの表示位置が上下します。
      • 記号ウィンドウはショートカット「k」以外ではフォーカス移動時(バックキー等)に閉じます。

10キーデバイスの場合

  • 使用前にM-FEP60Setupで「10key」を選択して下さい。
  • 入力モードの初期状態は「1」(数字)です。「#→*」で入力モードが切り替えできます。入力モードは「数字」→「漢字」→「半角英字」と切り替わります。
  • 漢字モードでひらがなを入力している時に「*」を押すと濁音や小文字に変換できます。
  • 漢字モードでひらがなを入力している時に「#」を押すと前送りになります「例:お→え→う」
  • 漢字モードでひらがなを入力している時に「右キー」か「センターキー(デフォルト設定時)」を押すと仮決定状態となり、同じボタン内のひらがなを続けて入力できます。「例:1→11=あい」
  • 漢字モードで未入力状態か仮決定後に「*」を押すとアイコンが緑色になり、その後に入力されたものはインライン上で大文字として扱われます。(eSKK機能についてを参照)
  • 「#」でアイコンが紫色になりショートカットモードに入ります。その後、適当なキーを押すと以下のような動作をします。
    • 1:全選択
    • 2:全選択後カット
    • 3:先頭から255文字をカット
    • 4:コピー
    • 5:カット
    • 6:ペースト
    • 7:スペース
    • 8:全角スペース
    • 9:改行
    • *:入力モード切替
    • #:#を入力

E70の場合

  • 使用前にM-FEP60Setupで「Auto」を選択して下さい。これで開閉に応じたモードに自動的に切り替わるようになります。(それぞれのモードについては上記の項目を参照して下さい。)
    • 現在、Autoにするとメニュー長押しのタスク表示でシステムアプリが7つほど表示される現象が確認されています。この現象による弊害は現在報告されていませんが、何かありましたらご連絡下さい。
  • ショートカットモード切替は「Chr+Space」となっています。

E90の場合

  • 使用前にM-FEP60Setupで「AutoRev」を選択して下さい。これで開閉に応じたモードに自動的に切り替わるようになります。(それぞれのモードについては上記の項目を参照して下さい。)
    • 現在、Autoにするとメニュー長押しのタスク表示でシステムアプリが7つほど表示される現象が確認されています。この現象による弊害は現在報告されていませんが、何かありましたらご連絡下さい。
  • ショートカットモード切替は「Ctrl+Space」となっています。

eSKK機能について

こちらを参照して下さい。

既知の不具合

  • 再現方法が判っているもの
    • MessagingのDraftsでメールが開けない
    • SMS等でテキストを入力しても入力可能文字数の値が増減しない
    • Trackerでタスク切替を行うと落ちる
    • 修飾キーのトグルが効かなくなる
  • 再現方法不明なもの(再現方法が判りましたらぜひForum Digilife等でお知らせ下さいm(_ _)m。)
    • (なし)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-16 (日) 09:59:01 (1225d)