Test Criteria/2.11.0/5/Generic Test Casesに戻る


5.5:User Control(ユーザー通知に関するテスト)

CON-01

Test TitleTask List
Test CoverageFull
ConformanceRequired
Test TypeBlack box

Full Description

アプリケーションはタスクリストから終了させることが出来ます。 The application can be closed through the task list.

Testing Step

  • アプリケーションを開始します Start the application
  • S60デバイスの場合: On S60 based devices:
    • システムタスクリストに切り替えます Switch focus to system task list
    • 「C」またはバックキーを押して Close application from task list using the 'c' or back key
  • Series 80デバイスの場合: On Series 80 based devices:
    • メニューを押します Press menu
    • システムタスクリストを選択します Select the system task list
    • 「End task」を押してタスクリストからアプリケーションを終了します Close application from task list by pressing "End task"
  • UIQデバイスの場合 On UIQ based devices:
    • メモリの空き容量を減らす為にTOOL2を実行します Run TOOL2 to force a low memory message to the application
    • TOOL4を使用してアクティブタスクとプロセスをリストします(UIQにはタスクリストが搭載されていないので) Use TOOL4 to list active tasks and processes (since there is no built-in task list on UIQ)

要注意:製品内のタスクリストに表示されず、他のアプリケーションに使われるようなアプリケーション(例えばフロントエンドプロセッサ(FEP))の場合は、適切な「ホスト」アプリケーションによって正常に終了されるまで確実に実行し、終了します。 NB: In the case of products which are not applications that show up in the task list because of their nature but are used within other applications (e.g. Front End Processors or FEPs), an appropriate 'host' application already on the should be started and close, to ensure that application still exits correctly.

Expected Result

アプリケーションは終了される。 The application is closed.

Exceptions

  • EX-PC - Passive Content
  • EX-005 - Application Already Closed

CON-02

Test TitlePrivacy Statement Dialog - Symbian OS v9 onwards only
Test CoverageFull & Declarative & Sample
ConformanceRequired
Test TypeBlack box

Full Description

アプリケーションはネットワーク接続やローカル接続、マルチメディア録音、ユーザーデータの読み書き、送話や位置情報といった機能の使用の要約についての方針を示すダイアログを初回起動時に表示します。 The application launches a policy statement dialog at the very first application startup instance, summarizing the use of network access, local connectivity, multimedia recording, read/write user data, phone call and location.

Testing Step

  1. アプリケーションを起動します Start application
  2. オプションが存在しているなら表示するボックスを無効にして下さい If the option is present, disable the box appearing in future
  3. 通常の操作に従ってアプリケーションを使用して、ネットワーク接続やローカル接続、マルチメディア録音、ユーザーデータの読み書き(電話帳やカレンダー)、送話や位置情報サービスを実行してください Use the application as per normal operations, but carry out actions that may cause network access, local connectivity, multimedia recording, read/write of user data (e.g. Contacts, Calendar), a phone call or use of location services
  4. アプリケーションを終了し、再起動してください Exit and restart application

Expected Result

アプリケーションの初回起動時に、サービス内容に従った「Privacy statement」としてダイアログボックスをユーザーに対し表示するべきです。 At the first ever launch of the application, a dialog box should be shown to the user with a ‘Privacy statement’ outlining the services the product uses.

チェックボックスはユーザーはその後のプロンプトの実行を不許可にすることが可能です。もしこれが存在するならテストはその後のスタートアップ時に再現しないかダイアログを確認するべきです。 A checkbox can be made available to enable the user to disable the prompt for subsequent runs. If this is present, tester should verify dialog does not re-appear at future startup instances.

テスターはアプリケーションの通常操作の間、アプリケーションが利用を要求するサービスだけ確認します Tester should, during the course of normal application usage, verify only the services the application claims to use are utilized.

Exceptions

  • EX-NT - Not Testable, functionality not present
  • EX-PC - Passive Content
  • EX-013 - Symbian OS v9 Privacy Statement

Best Practice Notes

ダイアログボックスはあなたの製品が特定のサービスを使用することをユーザーに対してわかりやすく、簡潔に明示します。あなたはタイトルとリードオンリーエディットボックス(すなわち複数行のテキストを自由に表示します)と最後にチェックボックス(もしくはUIに合わせた同等のもの)を含むダイアログを使用することを提案します。 The dialog box is meant to be a simple, user-intelligible statement which discloses which of the more sensitive services your product uses. It is suggested you use a dialog with a title and read-only edit box (i.e. which displays free text over multiple lines) and finally a checkbox (or appropriate equivalent for the UI in question).

あなたは以下のリストからあなたの製品に含まれない項目を削除するべきです。もしあなたが有益と感じるなら他の情報(例えば、「あなたが選択した連絡先にSMSを送信します」や「このアプリケーションを購入することを希望するならSMSを一ヶ月につき一通送信します」)を追加することが出来ます。 You should delete the items from the list below which do not apply to your product. You can add extra information if you feel it is beneficial (for example: "Sending SMS messages to contacts you select yourself" or "Sending one SMS per month as payment should you wish to purchase this application").

	TITLE: For your information(タイトル:あなたの情報)
	
	
	BODY: This application will make use of the following features of your phone. 
	If you have any questions or concerns, please contact us at <provide e-mail address>:
	(本文:このアプリケーションはあなたの電話の以下の機能を使用します。
	もしなにか質問や気になることがありましたら<Eメールアドレス>まで連絡を下さい:)
	・Bluetooth to connect to other Bluetooth-enabled devices(他のBluetooth機器へのBluetoothでの接続)
	・Sending SMS messages(SMSの送信)
	・Sending MMS messages(MMSの送信)
	・Making phone calls(送話操作)
	・Making a connection to the Internet(インターネット接続)
	・Allowing you to add or edit contacts(電話帳の修正や新規追加の許可)
	・Reading existing information from your contacts database(あなたの電話帳のデータベースに対する読み取り操作)
	・Recording sounds using your phone's microphone(あなたの電話のマイクを使った録音操作)
	
	
	TICKBOX: Do not show me this information again(チェックボックス:この情報は二度と表示しません)

CON-03

Test TitleBillable Events
Test CoverageSample/Declarative
ConformanceRequired
Test TypeBlack box

Full Description

どのような種類の支払請求が発生してもアプリケーションは明白なユーザーの許可を要求します。 The application requests explicit user permission when initiating a billable event of any kind.

Testing Step

  1. アプリケーションを実行します Start application
  2. 支払請求が発生するようにアプリケーションを仕様に従って使用します Use the application as per normal operation; carry out actions that may trigger a billable event
  3. 開発者によって提供された提出フォームが明示されることを有効にして下さい Validate the declarative statement provided by the developer in the submission form

Expected Result

初回の支払い要求イベントでダイアログボックスはアクセスされたサービスの概要と料金(標準的なネットワーク料金に加えて) についてをユーザーに表示します。 At first use of the billable event, a dialog box is shown to the user with a prompt outlining the service accessed and the charge(s) involved (if in addition to standard network charges).

チェックボックスはユーザーがプロンプトの表示を無効にできることが可能です。もしそうであるなら、選択/設定アイテムはユーザーは撤回(すなわちプロンプトを設定しなおす)できるように提供しなければなりません。 A checkbox can be made available to enable the user to disable the prompt. If this is the case, a preference/setting item must also be provided so that the user can revoke this behavior (i.e. turn prompts back on).

Exceptions

  • EX-NT - Not Testable, functionality not present
  • EX-PC - Passive Content

Symbian OS v9 onwards only

これはネットワークサービスへのアクセスを承認する為の注意です Note this grants access to NetworkServices

Best Practice Notes (pre-v9)

ユーザーに提供するいくつかの推奨するテキストや情報についてはhttp://developer.symbian.com/main/academy/faqs/index.jspのSymbian FAQデータベースのFAQ-1090を参照して下さい。 See FAQ-1090 in the Symbian FAQ database at developer.symbian.com/main/academy/faqs/index.jsp for some recommended text and information to prompt the user with.

それらに必要なアクセスポイントを接続するのにシステムが提供するIPベースの接続を開始するのにRConnectionを使用する必要無いです。むしろ、あなたは自動的に正しいデフォルトアクセスポイントを使用するRSocket(それと関連するAPI)を直接利用してみるべきです。 For Symbian OS v7.0s onwards, you should not need to use RConnection when initiating IP-based communication which causes the system to prompt the user to select their desired access point. Rather, you should try to directly use RSocket (and related APIs) which will automatically make use of the correct default access point.

Best Practice Notes (v9 onwards)

同上。 As above.

CON-04

Test TitleBackup and Restore Compliance
Test CoverageSample/Declarative
ConformanceRequired
Test TypeBlack box

Full Description

アプリケーションはシステムの「バックアップ」と「レストア」のあとの正常動作について干渉すべきではありません。さらに、Symbian OS v9ではアプリケーションはそれ自身はバックアップの為にシステムに正常に登録されるべきです(開発者は明らかにこの振る舞いを選択すべきです)。 The application should not interfere with a system 'Backup' and should function correctly after a 'Restore'. In addition,on Symbian OS v9 the application should correctly register itself for backup with the system (the developer explicitly opts into this behavior)

Testing Step

  1. 一度アプリケーションは実行と起動されたことがあり、 確実に電話はPC Suiteによってバックアップの為の接続をされたことがあります。 もしこれらがその電話に対して適切なPC Suiteのバージョンまたはソフトウェアでなければ(例えばプロトタイプ)、テストとしてそのアプリケーションでメモリースティック/カードのバックアップを試してください。 Once the application has been installed and launched, ensure the phone is connected to the PC Suite supplied and commence a backup. If there is no appropriate PC Suite version or software for the phone (e.g. a prototype), attempt to commence a Backup to Memory Stick/Card from the appropriate utility on the phone itself.
  2. 一度バックアップが成功したらテスト用アプリケーションをインストールして下さい Once backup has completed, uninstall the application under test
  3. フルレストアを実行します Commence a full restore
  4. レストアが完了したらアプリケーションを実行します Run the application once the restore process has completed
  5. テスト用アプリケーションを終了します Exit the application under test
  6. メインシステムアプリケーションや主だったもの(例えば電話、カレンダー、時計、電話帳)を実行します Run the main system applications and features (e.g. Phone, Calendar, Clock, Contacts)

Expected Result

バックアップの過程はエラー無く完了します。例えば、アプリケーションはいずれのファイルを開放するのにロックも失敗もしません。 The backup process completes with no errors . the application does not lock and fail to release any files, for example.

アプリケーションは正常にアンインストールできます。 The application uninstalls correctly.

次に、レストアの過程はエラー無く完了します。 Subsequently, the restore process completes with no errors.

一度レストアしたら、アプリケーションは実行でき、正しく機能します。 Once restore has completed, the application can be run and functions correctly.

デバイスの操作は仕様に従って操作できます。 The device operates as per functional specification.

Exceptions

  • EX-PC - Passive Content
  • EX-011 - Symbian OS v9 Backup/Restore
  • EX-012 - Symbian OS v9 Backup/Restore

Best Practice Notes (pre-v9)

いくつかのヒントとTipsはhttp://developer.symbian.com/main/academy/faqs/index.jspにあるSymbian FAQデータベースのFAQ-1299を参照して下さい。またこれらの情報は上記リンクのSymbian Developer Networkにもあります。 See FAQ-1299 in the Symbian FAQ database at developer.symbian.com/main/academy/faqs/index.jsp for some hints and tips, as well as the link above to the Symbian Developer Network

Best Practice Notes (v9 onwards)

同上。 As above.

Symbian OS v9 onwards only

注意:Symbian OS v9の電話ではアプリケーションとデータは自動的にバックアップされません。あなたはバックアップサーバーに対してこれらを明示的に登録する必要があります。詳細とアドバイスはSymbian Developer Networkにあるテクニカルペーパーで利用可能です。 Note that applications and data are not automatically backed up on Symbian OS v9 phones. You must explicitly register with the backup server to do this. Details and advice are available in technical papers on the Symbian Developer Network


Test Criteria/2.11.0/5/Generic Test Casesに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-16 (日) 09:59:14 (2417d)