Test Criteria/3.0.1 ISSUEDに戻る


5.2:Capability Related Tests(ケイパビリティ関係のテスト)

  • Test Title|(タイトル)
  • Estimated Test Time (minutes)(必要な時間(分))/TBD(to be determined:検討中)
  • Test Description(詳細)
  • Not Required for(不要なケース)
  • Required for|(必要なケース)
    • Passive content(パッシブコンテンツ)
    • Pre Symbian OS v9.x application(Symbian OS v9.xより前のアプリケーション)
    • No Capabilities - Symbian OS v9.x(ケイパビリティが不要なSymbian OS v9.xのアプリケーション)
    • ALL Symbian OS v9.x Capabilities(ケイパビリティを必要とする全てのSymbian OS v9.xのアプリケーション)
  • Testing Notes(注意)
  • Testing Steps(手順)
  • Exception(例外)

CAP-01

Test Title

アプリケーションは通話機能とは干渉しません
Applications Do Not Interfere With Voice Calls

Test Description

アプリケーションは通話機能とは干渉しません
Applications do not interfere with voice calls

Estimated Test Time (minutes)

TBD

Not Required for

  • Passive content
  • No Capabilities - Symbian OS v9.x

Required for

  • Pre Symbian OS v9.x application
  • Symbian OS v9.x Capabilities (as follows): MultimediaDD

Testing Notes

  1. 多くの国では通話している関係者の他者のみまたは両者の同意無しでオーディオストリームを録音またはモニターすることや、警告音無しでそれを行うことは不法です。あなたはあなたのアプリケーションが全ての法的、そしてプライバシー要件に従っていることを保証する責任があります。詳しい情報はここで入手できます。

  1. In many countries it is illegal to record and/or monitor audio streams without the consent of one or both of the calling participants and/or providing audible warning tones during the conversation. You are responsible to ensure that your application complies with all legal and privacy requirements. More information is available at here.

Testing Steps

  1. アプリケーションを開始してください。
  2. アプリケーションのオーディオリソース/ストリーミング機能(MultimediaDDを必要とする)を使用している間、テストするデバイスに別のデバイスから電話をかけてください。
    1. 結果:着信した場合、あなたのアプリケーションのオーディオは一時停止され、ユーザーは電話に応答することができます。
  3. 許可されたオーディオミキシングが着信音として使用されているかチェックしてください、そしてバックグラウンドストリームの音量はサードパーティ製アプリケーションによって低く設定されることをチェックしてください。
    1. 結果:アプリケーション(例えば音響効果を加える)は適応され、許可されたミキシングのみ再生されます。そしてストリームの音量はサードパーティ製アプリケーションによって低く設定されます。

  1. Start the application.
  2. While using the audio resources/streaming features of the application (which require MultimediaDD), make a phone call using another device to the device being tested.
    1. RESULT:When an incoming phone call is received, your applications audio is paused and the user is able to answer the call.
  3. Check that the only allowed audio mixing is to the uplinked call, and that the volume of the background stream is set low by the third-party application.
    1. RESULT:Where applicable/essential to the application (e.g. adding sound effects), the only allowed mixing is to uplinked call, and the volume of the stream is set low by the third-party application.

Exception

CAP-01.EX1:Not Testable
アプリケーションがMultimediaDDを使用しているが、このタイプの機能を持っていないと提出時に明言されている場合

The application uses MultimediaDD Capability but does not have this type of functionality and accurate declaration is made upon submission.

CAP-02

Test Title

アプリケーションの電話機能のUI
Telephony UI Application Control

Test Description

コール機能を持つアプリケーションはUIを持つ必要があります。
Any application that is used to route calls must have a UI.

Estimated Test Time (minutes)

TBD

Not Required for

  • Passive content
  • No Capabilities - Symbian OS v9.x

Required for

  • Pre Symbian OS v9.x application
  • Symbian OS v9.x Capabilities (as follows):NetworkControl, MultimediaDD

Testing Notes

none

Testing Steps

  1. テスト(すなわち呼び出しする側)するアプリケーションを使用して電話をかけてください。アプリケーションUIが表示され、応答することが可能か確認してください。
    1. 結果:アプリケーションUIはフォアグラウンドで表示され、システムテレフォンアプリケーションの代わりにサードパーティ製アプリケーションを介して通話できます。サードパーティ製アプリケーションはシステムテレフォンアプリケーションの感じやUI(ユーザーが誤動作を起こすような)を真似またはコピーすることを許可されません。

  1. Make a phone call using the application under test (i.e. one that is routing the call). Check that an application UI is displayed and that it can be interacted with.
    1. RESULT:When a call is routed via a third-party application instead of system Telephone application, the application UI is visible in the foreground. The Third-party application is not allowed to mimic or copy the system Telephone application user experience or UI (which may mislead the user).

Exception

CAP-02.EX1:Not Testable
アプリケーションがNetworkControlまたはMultimediaDDを使用しているが、電話に関係する機能を持っていないと提出時に明言されている場合

The application uses NetworkControl and/or MultimediaDD Capabilities but does not have telephony related functionality and accurate declaration is made upon submission.

CAP-03

Test Title

VoIPアプリケーションに対するメーカーの警告文
Manufacturer Disclaimer for VoIP Applications

Test Description

VoIPアプリケーションがインストールされる時と初回起動時には適切な注意書きが表示されます。
A proper disclaimer is shown when a VoIP application is installed and launched for the first time.

Estimated Test Time (minutes)

TBD

Not Required for

  • Passive content
  • No Capabilities - Symbian OS v9.x

Required for

  • Pre Symbian OS v9.x application
  • Symbian OS v9.x Capabilities (as follows):NetworkControl, MultimediaDD

Testing Notes

none

Testing Steps

  1. インストールまたはVoIPアプリケーションの初回起動時に、 以下の注意書きがユーザーのために(または電話のローカル設定と同等の現地言語が)表示されるかチェックしてください。

    あなたは<アプリケーション名>を使用しようとしており、それは<あなたの企業名>によって開発、所有されています。このデバイスのメーカーはいかなる責任も負いません。
  2. ユーザーはインストールを継続するか中止するか選択できます。もしインストールを継続するのであれば、ユーザーは初回起動時に再びこの警告文とオプションを見ることになるでしょう。その場合は同様の選択肢を与えます。
    1. 結果:インストール時とアプリケーション初回起動時に注意書きが表示されます。

  1. At installi and also at launch of the VoIP application for the first time, check that the following disclaimer is shown to the user (or an equivalent local language version matching the locale setting of the phone).

    You are about to use <APPLICATION NAME>, which is developed and owned by <YOUR COMPANY NAME>. The manufacturer of this device shall have no liability for any aspect of the application whatsoever, including its performance, call routing, intellectual property rights or support.
  2. The user can proceed with or cancel the install. If they proceed with the install, they should see the warning again on first usage in the form of a message or prompt . again giving the option to continue, or exit the application.
    1. RESULT:Disclaimer is displayed at installation and also at first launch of application..

Exception

CAP-03.EX1:Not Testable
アプリケーションがNetworkControlまたはMultimediaDDを使用しているが、電話に関係する機能を持っていないと提出時に明言されている場合

The application uses NetworkControl and/or MultimediaDD Capabilities but does not have telephony related functionality and accurate declaration is made upon submission.

CAP-04

Test Title

VoIPコールの起動と電話の着信通知
Active VoIP Call & Notification of An Incoming Call

Test Description

VoIPコールの実行中にGSM/UMTSによる電話の音声による着信通知は音を大きくしすぎないこと。
When a VoIP call is active, any aural notification of an incoming GSM/UMTS call is not too loud.

Estimated Test Time (minutes)

none

Not Required for

  • Passive content
  • No Capabilities - Symbian OS v9.x

Required for

  • Pre Symbian OS v9.x application
  • Symbian OS v9.x Capabilities (as follows):NetworkControl, MultimediaDD

Testing Notes

  1. 電話の呼び出し音はここで説明されています。

  1. Call Waiting tone is described at here

Testing Steps

テストケースA

  1. アプリケーションを開始してください。
  2. ヘッドセットを接続してください。
  3. Defaultプロファイルを選択してください。(もし可能であれば)
  4. VoIPコールを開始してください。
  5. 他のデバイスからテストデバイスに対してGSM/UMTSコールをしてください。
  6. GSM/UMTSコールを受けている時に、着信音が鳴っているか確認してください。
    1. 結果:デバイスプロファイルのSilentが選択されている場合を除いて、GSM/UMTSコールに対する着信音が聞こえてきます。これはユーザーの聴力に害を及ぼさないように、大きすぎる音で警告音を再生することを避けるためです。

テストケースB

  1. アプリケーションを起動してください。
  2. デバイスからヘッドセットを外してください。(しかしラウドスピーカーではない)
  3. Defaultプロファイルを選択してください。(もし可能であれば)
  4. VoIPコールを開始してください。
  5. 他のデバイスからテストデバイスに対してGSM/UMTSコールをしてください。
  6. GSM/UMTSコールを受けている時に、着信音が鳴っているか確認してください。
    1. 結果:デバイスプロファイルのSilentが選択されている場合を除いて、GSM/UMTSコールに対する着信音が聞こえてきます。これはユーザーの聴力に害を及ぼさないように、大きすぎる音で警告音を再生することを避けるためです。

テストケースC

  1. フォアグラウンドにVoIPアプリケーションがあることを確実にしてください。
  2. ユーザーがGSM/UMTSコールに対して応答または拒否の選択ができることをチェックしてください。
  3. もしGSM/UMTSコールに応答できたら終了キーを押して通話を終らせてください。(もし可能であれば)
    1. 結果:CSM/UMTSコールの受信に対し、応答または拒否の選択ができる。
    2. GSM/UMTSコールに応答した場合
      1. VoIPコールは継続または終了できます。
      2. VoIPアプリケーションはフォアグラウンドに移動します。(S60のみ)
    3. GSM/UMTSコールはユーザーによって拒否された場合
      1. VoIPアプリケーションはフォアグランドに移動します。
      2. VoIPコールはかかってきているコールを継続します。

テストケースD

  1. VoIPアプリケーションを起動し、フォアグラウンドにあることを確実にしてください。
  2. VoIPコールを開始または受けてください。
  3. 他のデバイスからテストデバイスに対してGSM/UMTSコールをしてください。
  4. 電話に応答してください。
  5. もしGSM/UMTSコールに応答できたら終了キーを押して通話を終らせてください。(もし可能であれば)
    1. 結果:デバイスプロファイルがSilent以外の場合、GSM/UMTSコール着信の為に着信音が鳴ります。これはこれはユーザーの聴力に害を及ぼさないように、大きすぎる音で警告音を再生することを避けるためです。
    2. 結果:GSM/UMTSコールに応答することができる
      1. GSM/UMTSコールに応答する事ができた場合:
        -VoIPコールを保留または終了させることができる
        -GSM/UMTSコールの終了後、VoIPコールが保留状態であれば継続できる

テストケースE

  1. VoIPコールを開始または受けてください。
  2. タスクリストを使用してバックグラウンドからVoIPアプリケーションを切り替えてください。
  3. 他のデバイスからテストデバイスに対してGSM/UMTSコールをしてください。
  4. GSM/UMTSコールに応答してください。
  5. 終了キーを押して通話を終らせてください。
    1. 結果:GSM/UMTSコールに応答することができます。
      1. GSM/UMTSコールに応答できた場合:
        -VoIPコールを保留または終了させます
        -GSM/UMTSコール終了後にVoIPコールを保留していた場合は復帰させます
        -VoIPアプリケーションはバックグラウンドに戻ります

テストケースF

  1. VoIPコールを開始または受けます。
  2. タスクリストを使用してバックグラウンドからVoIPアプリケーションを切り替えてください。
  3. 他のデバイスからテストデバイスに対してGSM/UMTSコールをしてください。
  4. 終了キーを押して通話を拒否してください。
    1. 結果:GSM/UMTSコールを拒否できます
      1. GSM/UMTSコールを拒否した場合:
        -VoIPコールは継続できます
        -VoIPアプリケーションはバックグラウンドに戻ります

Test Case A

  1. Start the application.
  2. Plug in the headset.
  3. Select Default profile (if applicable).
  4. Initiate a VoIP call.
  5. Make a GSM/UMTS phone call using another device to the device being tested.
  6. When an incoming GSM/UMTS call is received, check that a call waiting tones provided.
    1. RESULT:When the device profile is other than Silent a call waiting tone is heard as a notification for an incoming GSM/UMTS call. This is to avoid the notification being played too loud so that it will not harm the user’s hearing.

Test Case B

  1. Start the application.
  2. Use the device without a headset (but not with a loudspeaker).
  3. Select Default profile (if applicable).
  4. Initiate or receive a VoIP call.
  5. Make a GSM/UMTS phone call using another device to the device being tested.
  6. When an incoming GSM/UMTS call is received, check that only a call waiting tone is provided.
    1. RESULT:When the device profile is other than Silent, only a call waiting tone is heard as a notification for an incoming GSM/UMTS call. This is to avoid the notification being played too loud so that it will not harm the user’s hearing.

Test Case C

  1. Ensure the VoIP application is in the foreground.
  2. Check the user is able to answer or reject the GSM/UMTS call.
  3. If the GSM/UMTS call is answered, end the call with the End key (if available).
    1. RESULT:GSM/UMTS incoming call can be answered or rejected.
    2. If GSM/UMTS call is answered:
      1. VoIP call goes on hold or ends.
      2. VoIP application comes to foreground (S60 only).
      3. After ending the GSM/UMTS call, VoIP call goes back to active if on hold.
    3. If GSM/UMTS call is rejected by user:
      1. VoIP application comes to foreground.
      2. VoIP call continues as before the incoming call.

Tests Case D

  1. Ensure the VoIP application is started and in the foreground.
  2. Initiate or receive a VoIP call.
  3. Make a GSM/UMTS phone call using another device to the device being tested.
  4. Answer the call.
  5. If the GSM/UMTS call is answered, end the call with the End key (if available)
    1. RESULT:When the device profile is other than Silent, only a call waiting tone is provided as a notification for an incoming GSM/UMTS call. This is to avoid the notification being played too loud so that it will not harm the user’s hearing.
    2. RESULT:GSM/UMTS incoming call can be answered.
      1. If GSM/UMTS call is answered:
        -VoIP call goes on hold or ends
        -After ending the GSM/UMTS call, VoIP call goes back to active if on hold

Tests Case E

  1. Initiate or receive a VoIP call
  2. Switch the VoIP application to the background using the Task List
  3. Make a GSM/UMTS phone call using another device to the device being tested
  4. Answer the GSM/UMTS call
  5. End the call with the End key
    1. RESULT:GSM/UMTS incoming call can be answered.
      1. When GSM/UMTS call is answered:
        -VoIP call goes on hold or ends
        -After ending the GSM/UMTS call, VoIP call goes back to active if on hold
        -VoIP application remains in the background

Tests Case F

  1. Initiate or receive a VoIP call
  2. Switch the VoIP application to the background using the Task List
  3. Make a GSM/UMTS phone call using another device to the device being tested
  4. Reject the GSM/UMTS call with the End key
    1. RESULT:GSM/UMTS incoming call can be rejected.
      1. When GSM/UMTS call is rejected:
        -VoIP call continues as before the incoming call
        -VoIP application remains in the background

Exception

CAP-04.EX1:Not Testable
アプリケーションがNetworkControlまたはMultimediaDDを使用しているが、電話に関係する機能を持っていないと提出時に明言されている場合

The application uses NetworkControl and/or MultimediaDD Capabilities but does not have telephony related functionality and accurate declaration is made upon submission.

CAP-05

Test Title

VoIPアプリケーション実行中の緊急コール
Emergency Call When VoIP Application is Open

Test Description

VoIPアプリケーション実行中にユーザーは緊急電話(911, 999,112他)をかけることが出来なければいけません。
The user must be able to make an emergency call (911, 999,112 etc) when VoIP application is open.

Estimated Test Time (minutes)

TBD

Not Required for

  • Passive content
  • No Capabilities - Symbian OS v9.x

Required for

  • Pre Symbian OS v9.x application - VoIP Applications only
  • Symbian OS v9.x Capabilities (as follows):NetworkControl, MultimediaDD - VoIP Applications only

Testing Notes

  1. このテストを実行する前に、あなたはテスト目的で緊急通報をかけてもよい適切な許可を確実に受けてください。

  1. Before carrying out this test, please ensure that you have adequate permissions from the appropriate authorities for making emergency calls for testing purposes.

Testing Steps

テストケースA:SIMカードは挿入済みで、VoIPアプリケーションはフォアグランドにおり、非通話状態の場合

  1. デバイスにSIMカードを挿入します。
  2. VoIPアプリケーションを起動しますが通話は行いません。
  3. ホームスクリーン(例えば電話、待機スクリーン)にフォーカスをあて、VoIPアプリケーションをバックグラウンドへ移動させます。
  4. 112番または緊急コールをかけます。
  5. GSM/UMTS回線を使用して通話します。
    1. 結果:緊急コールをホームまたは待機スクリーンからかけることができます。

テストケースB:SIMカードは挿入済みで、VoIPアプリケーションはフォアグランドにおり、通話状態の場合

  1. デバイスにSIMカードを挿入します。
  2. VoIPアプリケーションを起動し、通話します。
  3. ホームスクリーン(例えば電話、待機スクリーン)にフォーカスをあて、VoIPアプリケーションをバックグラウンドへ移動させます。
  4. 112番または緊急コールをかけます。
  5. GSM/UMTS回線を使用して通話することができ、WLAN/VoIPによる通話は終了されます。
    1. 結果:緊急コールをホームまたは待機スクリーンからかけることができます。
    2. 結果:VoIPコールは終了または待機します。

テストケースC:SIMカードは挿入済みで、VoIPアプリケーションはバックグラウンドにおり、通話状態の場合

  1. デバイスにSIMカードを挿入します。
  2. VoIPアプリケーションを起動し通話します。アプリケーションはバックグラウンドに移動させます。
  3. ホームスクリーン(例えば電話、待機スクリーン)をアクティブにします。
  4. 112番または緊急コールをかけます。
  5. GSM/UMTS回線を使用して通話することができ、WLAN/VoIPによる通話は終了されます。
    1. 結果:緊急コールをホームまたは待機スクリーンからかけることができます。
    2. 結果:テストケースCではVoIPコールは終了または待機します(どちらか選択できます)。

テストケースD:SIMカードは未挿入状態(テストデバイスはオフラインまたはフライトモード)

  1. テストケースA~CをSIMカード未挿入状態で繰り返してください。(しかしGSM/UMTSの適応範囲内であること)
    1. 結果:全てのケースでホームまたは待機スクリーンから緊急コールすることができます。

Test Case A . SIM card in phone, VoIP application in foreground and no VoIP call active.

  1. Insert a SIM card into the device
  2. Open VoIP application but do not make a call
  3. Ensure the ‘home’ screen has focus (e.g. telephone, Idle screen) and the VoIP application is in the background
  4. Dial 112 or emergency number for phone locale (here)
  5. The call is routed over GSM/UMTS
    1. RESULT:Emergency calls can be initiated from the home or ‘Idle’ screen.

Test Case B . SIM card in phone, VoIP application in foreground and VoIP call active.

  1. Insert a SIM card into the device
  2. Open VoIP application and make a call
  3. Ensure the ‘home’ screen has focus (e.g. telephone, Idle screen) and the VoIP application is in the background
  4. Dial 112 or emergency number for phone locale (here)
  5. The call is routed over GSM/UMTS and the WLAN/VoIP call is ended
    1. RESULT:Emergency calls can be initiated from the home or ‘Idle’ screen.
    2. RESULT:The VoIP call is ended or put on hold.

Test Case C . SIM card in phone, VoIP application in the background and VoIP call active.

  1. Insert a SIM card into the device
  2. Open VoIP application and make a call, put the application to the background
  3. Ensure the Home screen is active (e.g. Telephone, Idle screen)
  4. Dial 112 or emergency number for phone locale (here)
  5. The call is routed over GSM and the WLAN/VoIP call is ended or put on hold
    1. RESULT:Emergency calls can be initiated from the home or ‘Idle’ screen.
    2. RESULT:In Test Case C, the VoIP call is ended or put on hold (either can pass).

Test Case D . No SIM card in phone (where test device allows “Offline” or “Flight Mode”)

  1. Repeat test cases A to C without a SIM card present (but where there is GSM/UMTS coverage in the area).
    1. RESULT:In all cases, emergency calls can be initiated from the Home or Idle screen.

Exception

CAP-05.EX1:Not Testable
アプリケーションがNetworkControlまたはMultimediaDDを使用しているが、VoIP機能を持っていない場合

The application uses NetworkControl or MultimediaDD Capabilities but does not have VoIP functionality

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-16 (日) 09:59:16 (2407d)