*アプリケーションの開発手順 [#bdd585db]
アプリケーションの開発は以下の手順で行われます。
+UIDの取得
+プロジェクトの作成
+コーディング
+エミュレータデバッグ
+開発者証明書の取得とSISファイルへの付与
+実機デバッグ


*1:UIDの取得 [#r0761228]
UIDとはアプリケーションを識別するためのユニークなIDです。またIDの範囲によって役割が決められており、アプリケーションを公開する場合はSymbian Signedからユニークな値を取得する必要があります。
UID(UID3)とはアプリケーションを識別するためのユニークなIDです。このIDはSymbian Signedによって管理されており、公開されているSymbian OSアプリケーション同士で同じIDが使用されないようになっています。開発したアプリケーションを公開する場合は開発者はSymbian Signedに申請してUIDを取得する必要があります。

UIDの取得は[[Symbian Signed>]]にログイン後に「My Symbian Signed」に移動。メニューから「UIDs」→「Request」を選択するとUIDを取得す為のフォームが表示されます。ここで保護範囲UID(0x20000000-0x2FFFFFFF)を取得する場合は「Protected Range」、非保護範囲UID(0xA0000000-0xAFFFFFFF)を取得する場合は「Unprotected Range」を選択します。あとは「Organization name(企業名)」「Quantity(必要数)」「Email」を記入して「Submit」ボタンを押すとUIDがすぐに発行されます。最初は10個くらい取得しておけば十分です。

なお、UIDは範囲によって役割が決められています。
-(0x20000000-0x2FFFFFFF):Symbian Signedを必要とするアプリケーション
-(0xA0000000-0xAFFFFFFF):Symbian Signedを必要としないアプリケーション
-(0xE0000000-0xEFFFFFFF):テスト用UID(エミュレータ向け。絶対にこのUIDで公開してはいけません)


※古い資料では「Symbian Signedにメールを送ると取得できる」となっていますが、この方法は現在&color(red){廃止};されています。~
※Symbian Signedについては[[ケイパビリティと認証]]を参照してください。



*2:プロジェクトの作成 [#z0d709cf]
Carbide.c++で作成する。



*3:コーディング [#o47cae8a]
-[[ケイパビリティと認証]]
-[[開発Tips]]
-[[サンプルコード]]



*4:エミュレータデバッグ [#v6a980a9]
いろいろできるっぽい。
アプリケーションがケイパビリティを要求する場合、エミュレータ向けビルドでもケイパビリティを指定する必要があります。もしくはエミュレータの設定でケイパビリティを無視する設定にする必要があります。



*5:開発者証明書の取得とSISファイルへの付与 [#re482104]
アプリケーションがケイパビリティを要求する場合はそのままではインストールできず、開発者証明書を取得してSISファイルに付与する必要があります(ケイパビリティと開発者証明書については[[ケイパビリティと認証]]を参照)。
アプリケーションがケイパビリティを要求する場合、SISファイルはそのままの状態ではインストールできず、開発者証明書を付与する必要があります。開発者証明書の取得と付与には個人開発者向けの「Open Signed - Online」とソフトベンダー向けの「Open Signed - Offline」の2通りの方法が用意されています。

**Open Signed - Online [#t45f86b5]
(2008年Q1実装予定)~
Symbian Signedのアカウントを取得しなくても、Symbian Signedのトップページから取得可能。専用フォームからSISを提出すると付与済みのSISファイルが返って来る。有効期間は3年で13個許可。IMEIは1台のみ。
***Open Signed - Online [#t45f86b5]
&color(red){(※2008年Q1実装予定)};~
Symbian Signedのアカウントを取得しなくても、Symbian Signedのトップページから取得することができます。開発者証明書を付与したいSISファイルを専用フォームから提出すると付与済みのSISファイルが返ってきます。この場合の有効期間は3年で、ケイパビリティは最大13個まで許可されます。有効なIMEIは1台のみです。

**Open Signed - Offline [#m75ddfce]
従来の開発者証明書。ただしPublisher IDが&color(red){必須};になる。有効期間は3年で17個許可。IMEIは1000台まで可能。
***Open Signed - Offline [#m75ddfce]
こちらは開発者証明書そのもの(*.cer)を取得します。しかし&color(red){取得にはPublisher IDが必須};&color(red){(2007年12月時点ではまだPublisher IDがなくても取得できるようになっています。おそらくOpen Signed - Onlineを実装した時に変更されると思われます。)};なので、ソフトベンダー向けとなっています。有効期間は3年で、ケイパビリティは最大17個まで許可されます。有効なIMEIは1000台までです。
~
~
※従来の開発者証明書の取得手順は[[開発者証明書の取得方法と付与方法]]を参照して下さい。



*6:実機デバッグ [#c10099c4]
実機にアプリケーションをインストールしてテストをする。
実機にアプリケーションをインストールしてデバッグをします。もしアプリケーションのリリース段階でSymbian Signedが必要であれば[[Symbian Signedの取得手順]]を参照して下さい。



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   最終更新のRSS