<<

モデリングワックス再利用方法

シルバーアクセサリのロストワックス製法でよく使われているモデリングワックスは切削性がよいのでiModelaで使用する素材としては割と使い勝手が良いです。ただ新品では値段が高いものなので、加工済みのワックスを溶かして再利用することがわりとやられているようです。あと模型・モデルの素材を扱っている田木屋商店さんで「溶かし直し用」としてリーズナブルに入手することができますので、こちらを利用するとローコスト*1でワックスブロックを生成することができます。運がいいとそのまま使えそうなサイズも入っていたりします。

ちなみに基本的な情報は田木屋さんのこちらの情報(PDF)を参考にさせていただきました。

作成方法といっても特に難しいことは無く、「型を用意する」「溶かす」「固める」「面出しする」といった作業を繰り返すだけです。

以下、手順になります。

型を用意する

自分は「造形村スーパーシリコンEX」を使用して型を作りました。他に使えそうなものがあったら教えてくださいm(_ _)m。

モデリングワックスは冷却時に5~7%ほど縮小しますので、その分のサイズを考慮した原型を用意します。自分は「107%サイズ:92x58.9x21.4mm、素材:ABSナチュラル色」(補足:サイズは105%がちょうどいいかもです。あと高さは浅いと、溶かしたモデリングワックスを注いだときに溢れ、硬化した時にそこを切断処理するのがめんどくさいので、30~40mmくらい余裕を持たせた方がいいです)を「カットプラドットコム」さんに注文しました。送料込みで2000円くらいです。

モデリングワックスを溶かす

※自分はオーブンを使用しましたがモデリングワックスを加熱した際の健康被害などは知りませんので自己責任でお願いします。換気も気をつけてください。ちなみに鍋に入れて直火を試してみましたが、温度管理がシビア過ぎなので無理だと思います。一番無難なのは電熱線式のコンロだと思われます。

金属性の調理パンなど耐熱性の容器に溶かしたい分だけのモデリングワックスを乗せます。小分けにしたい場合はノコギリを使います。電熱線を使用するタイプのスチロールカッターを試してみましたが、溶けた端から固まっていくので切れません(参考まで)。

準備ができたら「120~130度で40分」加熱します。(温度が高すぎると気泡が混入しやすいので注意)

加熱する際にはオーブンの上にシリコン型を置いていっしょに暖めるといいです。(型が冷たいと全体に行きわたる前に固まり始めてしまうので…)

型に流し込んで冷却する

オーブンから取り出したモデリングワックスを型に流し込みます。冷却による収縮と面出しで削る分を考慮して量を決めてください。

すぐに固まってしまうので手早く行います。あと流し込んでから型を動かすと移動した部分がシワになりやすいので、触らない方が良いです。ですので型を置く位置も考えた方がいいです。特に水平になっているか先にチェックした方がいいです。

あとモデリングワックスによっては急激に冷ますとクラック(亀裂)が入ったりするので、クーラーボックスなどの保温容器に入れてゆっくり冷却させます。

面出し

「ClickMILL」で切削して面出しをします。シリコン型と接していた面をテーブルと合わせて、面出しを行い、切削が終わったら裏面も面出しします。側面の削りだしは特にする必要はないと思います(用途次第)。

面出しで削る高さを測るにはデジタルノギスがあると便利です。

面出しはストレートカッターなど径の大きいものを使用すると早く終わりますが、その分モーターの寿命が短く(φ6.3mm使用時で大体3割から5割くらい)なりますので注意してください。

ちなみに自分は「トルクチューンモーター(タミヤ)」と「超硬φ6.3mmストレート(刀Tools 円筒型大)(刃長12.8mm、刃数16)」の組み合わせで、20mm厚と10mm厚のワックスブロックを数枚ずつ用意しました。

面出しに6.3mmストレートカッターを使用したら1.6mmストレートカッターと比べて10倍近く早い(おまけ)

使用したのは「刀TOOLS プロ超硬カッター円筒型 HC102」で、スペック表とかが見つからなかったのでサイズはデジタルノギスによる計測になります。(刃径6.3mm、刃長12.8mm、刃数16)

あとMODELA Player 4では2.35mmより太いカッターは使用できない*2ので面出しはClickMILLで行いました。

「80x50」の範囲を1mm削った時の時間は以下の通りです。切り込み量などの設定はデフォルトのままです。

  • 1.6mm:2時間30分
  • 6.3mm:15分

時間的には早く終了しましたが、時々少しだけ移動が辛そうなタイミングがあったので切りこみ量を加減するなど調整がいるかも知れません。


*1 86x55x20サイズのワックスブロックを作ると原材料費だけだと「40~50円」
*2 「機種選択」で「iModela」以外を選択すると2.35mm径より大きい径を指定できるようになるらしいですが、いずれにせよサポート外なので自己責任で。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-16 (日) 09:59:21 (1196d)